飲みやすい青汁を飲んでいる人は多い

野菜ジュースよりは飲みやすい青汁を

野菜ジュースよりは飲みやすい青汁を

野菜不足を補うため野菜ジュースを飲んでいる人は多いと思います。

では野菜ジュースと青汁の違いは何でしょうか。

まず何と言っても味ですね。

野菜ジュースはとても甘い味がしますが、青汁は商品によっては苦味を感じるほどです。

これは野菜ジュースには飲みやすくするために糖分がたくさん入れられているからです。

「野菜ジュース」というととても体に良いような印象を受けますが、ダイエット中の人や糖尿病などで糖分の摂取を控えなければいけない方には向いていません。

青汁は元々ジュースという観点で作られているわけではないですが、最近では味も改良されていて飲みやすい青汁がたくさん売られています。

また加工にも違いがあります。

野菜ジュースは高温殺菌されているので熱に弱い栄養素が破壊されてしまっているのです。

その点青汁には栄養素を守るため高温殺菌せずに加工されている商品があるので、そちらの方が効率よく栄養素を吸収することができます。

以上のことから野菜ジュースよりは自分にとって飲みやすい青汁を探して飲む方が健康的と言えます。

自宅で飲みやすい青汁を作る方法

最近では子供にまで飲みやすい青汁が発売されていますが、そんな青汁は自宅でも作ることができます。

ジューサーがあれば簡単にできますが、ジューサーがなくてもすり鉢で野菜をすり、ガーゼに包んで絞れば青汁の完成です。

ジューサーの方が力なくできますが、一人分くらいの少量を作る場合はすり鉢の方が便利かもしれません。

青汁の原料は、基本的には緑の野菜なら何でも大丈夫です。

ケールは栄養価が高いためケールがあればベストですが、それ以外の野菜でも作ることができます。

しかし使わないようにしなければならない野菜もあります。

モロヘイヤやほうれん草はシュウ酸が多く含まれており、生の状態で多量に摂取すると腎臓結石になる可能性があるので避けましょう。

飲みやすい青汁の情報

また緑の野菜だけでは飲みにくいので、飲みやすい青汁にするためにレモン汁などを混ぜることをお勧めします。

リンゴやニンジンを一緒に混ぜるとビタミンCが破壊されるので注意してください。

完成した青汁はなるべく早く飲むようにしましょう。