ミルクを全部のむ前に寝ちゃった・・・

 

 

赤ちゃんが小さいうちは、作ったミルクが余ることってありますよね。

 

 

 

わが子は夜泣きがひどいときはミルクで落ち着いてくれていたものの、少し飲んだら満足して寝てしまうことがよくありました

 

その度にいつも思ってたんです。

 

 

「もったいない」
「温め直して次に飲ませられないものか」と。

 

 

 

でも、バイ菌の繁殖など、そのまま飲ませていいのか不安な点もありますよね。

 

 

この記事で粉ミルクの温め直しについてまとめているので、余ったミルク悩みが解消できるように参考にしてください。

 

 

 

そもそも粉ミルクの温め直しをしても大丈夫なの?

粉ミルクは温め直しをしても大丈夫?

 

赤ちゃんが飲まずにあまった粉ミルクを温め直して飲めるかどうか、は一応大丈夫です。

 

 

厚生労働省が出しているミルクの作り置きについて次のように定めています。

 

1. 授乳されなかった粉ミルクは全て調乳後 2 時間以内に廃棄する(冷蔵状態のものは除く)。
2. 調乳後の粉ミルクは冷蔵庫(5°C 以下)で 24 時間まで保存できる。

(引用:厚生労働省のミルクの調乳と保存方法の資料より)

 

 

ですから、保存方法と時間さえ守れば一応はよしとされています。

 

 

「一応」と書いているのは粉ミルクメーカーは作り置きをすすめていないからです。

 

Q 粉ミルクを作り置きしても大丈夫ですか?
A ミルクは作り置きしないで授乳時間ごとに調乳してください。
特に飲み残しは赤ちゃんの唾液が逆流し、唾液中の雑菌が繁殖し腐敗しやすいので必ず処分するようにしてください。

(引用:明治Q&Aより)

 

 

赤ちゃんの口から哺乳瓶についた細菌が繁殖して、ミルクの腐敗が進むのは当然。

 

腐らないとしても、目に見えない雑菌がウヨウヨしてると考えると飲ませたくはないですよね。

 

 

 

とはいえ、短時間であれば温め直して飲ませたいこともあるでしょう。

 

 

  • ミルクを飲ませている時にオムツ替えをして残った
  • 赤ちゃんがダラダラ飲みして間隔があいて残った

 

 

そんな時のために、粉ミルクを温め直して飲むときのポイントをまとめました。

 

 

 

粉ミルクを温め直すときのコツ|絶対やってはダメな●●●での再加熱とは?

粉ミルクの温め直しはレンジを使ってはダメ

 

余った粉ミルクと温め直すときには、第一にレンジが思いつくでしょう。

 

 

でも、レンジでの温め直しはやっちゃダメなんですね。

 

 

 

というのも、レンジで温めると温度が均一に伝わらずに、冷たいところと熱いところが出来てしまうんです。

 

赤ちゃんがやけどをしてしまってはいけないので、レンジの使用はやめましょう。

 

 

 

粉ミルクを温め直すときは「湯煎」がおすすめです。

 

鍋や耐熱の計量カップなどにお湯を入れて哺乳瓶を全体的に温めます。

 

 

 

ポイントは、必ず哺乳瓶を揺らして中身を混ぜながら温めること。

 

そうすると均一にミルクが温まります。

 

 

 

粉ミルクを温め直して使いたいのはなぜ?

粉ミルクを温め直して使いたい理由

 

ところで、そもそも粉ミルクを温め直して使いたいのはどうしてでしょうか?

 

 

「ミルクがもったいないから」

「ミルクを作る手間がかかるから」

 

 

そんな思いがあるんじゃないでしょうか?

 

 

 

昼間ならまだしも、夜中に急に泣き出したときなんてミルクを飲ませるまで地獄ですからね。

 

ボーッとして眠い目をこすりながら、電気ポットのお湯を70℃くらいになるまで待って、粉ミルクを溶かして人肌になるまで冷ます。

 

 

しかも、毎日・毎日その時間はやってくるわけです。

 

 

 

かわいいわが子のためとはいえ、さすがにキツイ・・・

 

だから、ミルクを温め直してでも使いたい。

 

 

 

その気持ちよく分かります。

 

実は同じ悩みをもつ全国のママさんの中には、温め直さなくていい方法を知っている人もいるんですよ。

 

 

 

それはウォーターサーバーです。

 

 

 

ウォーターサーバーは70~80℃の温水と5~8℃の冷水が、1台で抽出できる便利な機器です。

 

わざわざお湯を沸かす必要がなく、蛇口の流水で人肌に冷ます手間も不要。

 

 

粉ミルクをお湯で溶かして冷水で冷ませば、お腹を空かせている赤ちゃんにすぐミルクをあげられます。

 

 

 

温め直すよりも新鮮ですばやくミルクを飲ませられるので、先輩ママの愛用者が多いんです。

 

 

 

ウォーターサーバーの難点といえば、水の料金が飲めば飲むだけ加算されることでしょう。

 

赤ちゃんのミルクで使うなら、1ヶ月にするとかなりの消費量になりますからね。

 

 

 

消費量と費用の点については、赤ちゃん専用プランのあるウォーターサーバーを選ぶことで解消できます。

 

 

といっても、すべてのウォーターサーバーがベビープランをしているわけではありません。

 

そこでベビープランを実施しているウォーターサーバーを3つ紹介します。

 

 

 

赤ちゃんのミルク用におすすめのウォーターサーバー3選

 

ベビープランの割引が大きいプレミアムウォーター

粉ミルクを温め直すよりプレミアムウォーターが便利

 

プレミアムウォーターは天然水の味と安全性にこだわったウォーターサーバー。

 

調乳に最適な軟水で赤ちゃんにおいしいミルクを作ってあげられます。

 

 

プレミアムウォーターのベビープランは割引が大きく、費用をグッと抑えられるのが嬉しい。

 

3年で6万円以上も安くなるので、浮いたお金で赤ちゃん用品をそろえてあげられますね。

 

 

 

プレミアムウォーター赤ちゃん専用プラン「マムクラブ」を公式サイトは下記画像をクリックして確認できます。

▼   ▼   ▼



 

 

おしゃれなサーバーでインテリアに溶け込むフレシャス

粉ミルクを温め直すよりフレシャスが便利

 

フレシャスはおしゃれでパッと見ウォーターサーバーに見えないほどのスタイリッシュさが特徴です。

 

デザイン性だけではなく機能性にもすぐれていて、月額330円ですむ省エネ機能や水の交換が楽な設計で人気のウォーターサーバー。

 

 

ベビープラン「ママパパプラン」では、赤ちゃんの誕生月に天然水をプレゼントしてもらえるなどの演出が嬉しいサービスもあります。

 

 

 

 

オリジナル特典も付く!フレシャスの赤ちゃん専用プラン「ママパパプラン」の詳細を確認するには下記画像をクリックして確認してください。

 

▼   ▼   ▼



 

 

水道直結で水代の節約になるウォータースタンド

粉ミルクを温め直すよりウォータースタンドが便利

 

ウォータースタンドは赤ちゃん用のプランがあるわけではありません。

 

それでもここで紹介するのは、水が飲み放題になるのでミルクに必要な水代がグッと抑えられるからです。

 

 

その理由は水道水を原水としているので、水1リットルあたり0.2円ほどで飲めるんです。

 

 

しかも浄水場並みのフィルターを搭載しているので、安心して飲める水。

 

無料お試しもできるので、水道水に不安があるなら試しに飲んでみるといいですよ。

 

 

 

水道直結でガブ飲みしても気にならない!ウォータースタンドの公式サイトは下記画像をクリックして確認できます。

▼   ▼   ▼



 

おすすめの記事