赤ちゃんには安全な粉ミルクを飲ませたい!

 

母乳の出が悪かった私は、早々に粉ミルクに切り替えて飲ませていました。

 

 

でも、母乳で育てるつもりだった私が疑問に思ったのが粉ミルクの安全性です。

 

 

  • 添加物は入っているの?
  • 母乳と比べて栄養が低くないの?
  • 安心して飲ませるためのコツは?

 

なんて不安が大きかったのを覚えています。

 

 

 

なので、粉ミルクの安全性について色々と調べたものです。

 

そこで粉ミルク自体もですが、保管や入れ方も大事なこともあるって分かったんですね。

 

 

 

私と同じように、粉ミルクに不安を感じているなら、参考にしてみてください。

 

 

 

粉ミルクは安全に飲ませられる?添加物の使用も気になる!

粉ミルクの安全性

 

粉ミルクは、明治・森永・雪印など日本でもトップクラスの企業が製造販売しています。

 

 

とはいえ、今の時代は大手企業だからといって安心できませんね。

 

 

 

粉ミルクは約70%が牛乳の加工品、残りの30%はミネラル成分など赤ちゃんの発育に必要な栄養素が配合されています。

 

 

この30%の中には、調整脂肪(パーム油)などの添加物も含まれます

 

 

 

添加物の摂取は大人でも避けたいところですが、パーム油は国内外のほぼすべての粉ミルクに入っています。

 

 

 

ですから、パーム油の配合量が少ない粉ミルクを選ぶようにしましょう。

 

 

ちなみに、粉ミルクの成分は割合の多い順に左上から書かれています。

 

 

その点からみると、明治の「ほほえみ」がパーム油の表記が3番目なのでおすすめです(他社は1番目に表記)。

 

 

粉ミルク「ほほえみ」の成分

(引用:明治ほほえみ 800g(大缶)より)

 

 

 

といっても、粉ミルクは6割以上のママが使っているので、それ程心配するものではないですね。

 

 

マイナビニュース

(引用:マイナビニュース「ママたちが粉ミルクを使う理由」より)

 

 

 

粉ミルクに含まれる添加物の使用量は、厚生労働省や食品安全委員会が安全と確認しているので問題ないレベル。

 

 

添加物はレトルトの離乳食や乳児用のお菓子にも含まれているので、完全に排除することより影響がない範囲での摂取は気にしなくてもいいですよ。

 

 

 

また、粉ミルクは製品そのものだけではなく保管方法なども注意が必要です。

 

 

 

粉ミルクに細菌が繁殖する?

粉ミルクに細菌が繁殖する

 

 

粉ミルクを溶かすときは70℃以上のお湯がいいとされています。

 

 

それはミルクを溶かしきれるようにするだけではなく、粉ミルクにいる細菌を死滅させるためなんです。

 

未開封の状態では細菌などいない清潔な状態でも、手についたばい菌や空気中の細菌が繁殖する危険性があります。

 

 

 

なので、粉ミルクを作るときには

 

  • 石けんで手を洗う
  • 洗浄した哺乳瓶を使う
  • 粉ミルクのスプーンは使用するたびに洗う
  • 空気が入らないようにしっかりとフタを閉じる

 

という点に気を付けてください。

 

 

この手間を省きたいなら、スティックタイプやキューブタイプのミルクを使うといいですよ。

 

缶入りよりも割高になりますが、使い切りなのでいつも清潔なミルクを飲ませられます。

 

 

また、粉ミルクを溶かすお湯にも気をつかわないといけません。

 

 

粉ミルクの安全性だけ考えていてもダメ!調乳するときのお湯にも気を付けて!

粉ミルクを溶かすお湯に注意

 

粉ミルクを溶かす水は何を使いますか?

 

 

水道水を使うことが多いんじゃないでしょうか?

 

 

 

  • 浄水器を通すから大丈夫だろう
  • 沸騰させれば大丈夫だろう

 

なんて考えていませんか?

 

 

せっかく粉ミルクを清潔に保管したとしても、水にウィルスやカビなどが含まれていたら大変!

 

 

なんといっても、赤ちゃんが飲む量は粉ミルクよりも水分の方が多いんですから。

 

 

 

適量のミルクを哺乳瓶に入れて、ダマにならないように丁寧に溶かし、人肌になるように冷まして、赤ちゃんに飲ませてあげる。

 

 

 

1日5回も6回もあげているミルクに不純物が入っていたとしたら、、、

 

恐怖ですよね?

 

 

ですから、水道水を使うなら浄水器でキレイにした水を、20~30分かけて沸騰させたあとに使うようにしましょう。

 

 

 

そうすればカルキが抜け、熱殺菌したお湯(水)でミルクを作ってあげられます。

 

でも毎回毎回、時間をかけて沸騰させて殺菌するのは大変ですよね。

 

 

 

それならウォーターサーバーが便利です。

 

 

 

粉ミルクを安全なお湯と水で作るならウォーターサーバーが便利

粉ミルクにはウォーターサーバーが便利

 

ウォーターサーバーの天然水は出荷前にしっかり除菌してあり、清潔な状態で自宅に届きます。

 

 

24時間いつでも温水、冷水が出るのでミルク作りが楽になります。

 

ミルクを入れお湯で溶かし、冷水で人肌にする。この間わずか1分もあればミルクが作れます。

 

 

 

こんなにミルク作りの時間を短縮できるので、

 

  • 赤ちゃんと触れ合う時間が増える
  • 家事をする時間がムリなく確保できる
  • ママの自分磨きにも時間が作れる
  • 諦めていた趣味も再開できる

 

 

そして何より、赤ちゃんと笑顔で過ごせるようになります。

 

 

 

だから赤ちゃんが生まれてからウォーターサーバーを使い始める家庭は多いんですね。

 

 

ウォーターサーバーについて詳しくは下記の記事を参考にしてください。

 

 

 

 

粉ミルクの安全性ばかりに注目してしまいがちですが、きれいな水で作ってあげることも忘れないでくださいね。

 

 

おすすめの記事