少しでもミルクの調乳をラクにしたい!

 

2時間ごと、3時間ごとにミルクを作っていると、そんな風に思うことありますよね。

 

 

特に夜中の授乳のとき

 

 

眠い目をこすりながら、粉ミルクの缶を開けて1杯・2杯・・・

 

「あれ、いま何杯いれたっけ?」と最初からやり直した経験、あなたにもあるんじゃないでしょうか?

 

 

 

赤ちゃんは泣いていて気になるし頭はボーッとしているので、ありがちな話。

 

粉ミルクを作り置き出来たら、ちょっとはラクになるのに・・・

 

 

 

でも、作り置きしてもいいのかな?
冷ましてからまた温めてもいいのかな?

 

 

 

なんて疑問が思い浮かぶことでしょう。

 

 

そこでこの記事では、粉ミルクの作り置きについて調べてました。

 

 

 

完ミで育てたわが子が赤ちゃんの時に知っておきたかったことをまとめたので、きっと役立つ内容になっています。

 

 

最後まで読んで、参考にしてくださいね。

 

 

 

そもそも粉ミルクを作り置きしても大丈夫なの?

粉ミルクの作り置きは大丈夫?

 

粉ミルクの作り置きができるの?

 

というそもそものお話ですが、一応できます。

 

 

 

WHO(世界保健機構)の「粉ミルクの調乳・保存のガイドライン」では、

 

・授乳されなかった粉ミルクはすべて調乳後2時間以内に破棄する(冷蔵のものは除く)。

・調乳後の粉ミルクは冷蔵庫(5℃以下)で保存した場合、24時間をすぎたら破棄する。

(引用:乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドラインより)

 

と定められているからです。

 

 

 

じゃ、安心なんだ!

 

 

・・かというとそうとも言えません。

 

 

というのも、粉ミルクメーカーはもともと作ったミルクはすぐに飲ませるようにと書かれているからです。

 

 

ミルクは作り置きしないで授乳時間ごとに調乳してください。
特に飲み残しは赤ちゃんの唾液が逆流し、唾液中の雑菌が繁殖し腐敗しやすいので必ず処分するようにしてください。
(引用:明治Q&A「粉ミルクを作り置きしても大丈夫ですか?」より)

 

 

 

基本的には粉の状態で保存して、ミルクとして溶かしたならすぐに飲むのが前提ということですね。

 

梅雨時期のように湿気の多いシーズンだと短時間でも雑菌が繁殖するでしょうし、1回でも口を付けてしまったなら数十分で雑菌は繁殖してしまいますからね。

 

 

作り置きはしていいですけど、ルールは守らないと赤ちゃんがお腹を壊したりする可能性があります。

 

 

 

粉ミルクの作り置きはどこで保存するの?

粉ミルクを作り置きするときの保存場所

 

粉ミルクを溶かした後は2時間であれば常温で保存OKとなっていますが、できれば冷蔵庫にいれておく事をおすすめします。

 

 

というのも、ミルクは人肌で作るのでちょうど雑菌の繁殖しやすい温度。

 

 

 

できれば雑菌が繁殖しないように冷蔵庫に保存がいいですよ。

 

 

ただし、冷蔵庫に入れる前には人肌よりも冷たい温度に冷やしておくことです。

 

温かいまま冷蔵庫に入れると、他の食材を痛めてしまう場合があります。

 

 

 

粉ミルクを作り置きして保存するときには次のことに気を付けることです。

 

粉ミルク作り置きの保存方法

  1. 粉ミルクをしっかり溶かす
  2. 流水や氷水などでミルクの温度をしっかり下げる
  3. 他の食材と触れないように冷蔵庫に保存する

 

 

作り置きしたミルクを温め直して飲ませるときのために、粉がダマにならないようしっかりと溶かしておくこともポイントです。

 

 

 

 

粉ミルクの作り置きは外出先に持って行ける?

粉ミルクの作り置きは水筒に入れていい?

 

赤ちゃんを連れての外出するときは、外出先でミルクの時間のことも気にしないといけませんね。

 

 

魔法瓶などの水筒にお湯を入れて、時間になったらミルクを作っているママも多いですが、、、

 

 

家でミルクを作って水筒に入れていけば楽なんじゃない?

 

と思うこともあるでしょう。

 

 

その場合は、先ほどのガイドラインで考えると2時間が限度になります。

 

 

 

魔法瓶で保温しているから大丈夫と思うかもしれませんが、人肌での保温は雑菌が増えやすい環境です。

 

ですので、マックス2時間と考えた方がいいですね。

 

 

 

粉ミルクの作り置きを上手に使うと、子育てが楽になります!

粉ミルクの作り置きで子育てが楽になる

 

赤ちゃんが小さいうちは、少ないミルクの量を短い間隔で飲ませてあげないといけません。

 

 

1回の飲みの少ない子なら2時間ごとに、ぴったりミルクを飲ませることもあります。

 

2時間おきとなると、22時、24時、明けて深夜2時、4時、6時、なんてことに。

 

 

深夜2時や4時にお湯を沸騰させて適温(70~80℃)になるまで待って、粉ミルクをダマにならないように混ぜて、人肌になるまで冷まして、、

 

なんて大変ですよね。

 

 

 

しかも毎日やらないといけないわけですから。

 

 

作り置きしておけば、時間が短縮できて子育てが楽になります。

 

ただ、作り置きの場合、どうしても雑菌の不安が付きまといます。

 

 

ですから、できればミルクを与える直前に調乳してあげるのが安心です。

 

 

もし1回1回の調乳が面倒に感じるなら、ウォーターサーバーを使うとあっという間に人肌にすることができます。

 

 

 

粉ミルクは作り置きしなくてもウォーターサーバーを使えばラクラク♪

粉ミルクの作り置きよりもウォーターサーバーがいい

 

ウォーターサーバーは温水と冷水がでるので、粉ミルクを溶かすのも冷ますのも混ぜるだけでできます。

 

 

なので、1分もあれば人肌のミルクの出来上がり!

 

 

 

短時間で調乳できるので、

 

 

  • 赤ちゃんの泣き声を聞く時間が短くなる
  • 短時間でミルクをあげられるので飲んだら寝つきやすい
  • 赤ちゃんとニコニコ触れ合う時間が作れる
  • ママの睡眠時間も確保できる
  • 家事をササッと済ませる事ができる
  • ガマンしていた趣味をする時間が作れる

 

 

ウォーターサーバーをミルクの調乳時間を短縮できるだけで、こんなに生活が改善されます。

 

 

でも、ウォーターサーバーは高いんじゃないの?

 

 

たしかにウォーターサーバーはボトル1本で2,000円前後するので、安いものではありません。

 

 

でも赤ちゃんの子育てをしている今なら、お得に使える赤ちゃん専用プランを使うことができるんです。

 

といっても、どこのウォーターサーバーでも赤ちゃんプランがあるわけじゃないんですけど。。。

 

 

赤ちゃん専用プランのあるウォーターサーバーを3つ紹介するので、参考にしてください。

 

 

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターはおいしい天然水を飲めるウォーターサーバーです。

 

赤ちゃん専用プランで利用すると、年間2万円以上も安く利用できるんです。

 

 

しかも安いだけじゃなく、タンクを加熱して殺菌する機能の付いたサーバーを使うことができます。

 

なので、清潔な温水・冷水でミルクを作れるので安心。

 

温水と冷水で調乳すればあっという間にミルクが出来上がるので、余裕をもってミルクの時間を迎えられます。

 

▼プレミアムウォーターの公式サイトはコチラ▼


 

 

クリクラ

クリクラ

 

クリクラはRO水という高性能フィルターを通した安全な水を飲めるウォーターサーバーです

RO水は天然水よりも水の料金が安いので、初めてでも使いやすいのが特徴です。

 

 

赤ちゃん専用プランでは、最大9本分のボトルが無料でもらえる特典付き。

 

育児には思った以上に水を使うので、無料プレゼントがあるのは嬉しいサービスです。

 

 

▼クリクラの公式サイトはコチラ▼


 

 

ウォータースタンド

ウォータースタンド

 

ウォータースタンドは赤ちゃんプランがあるわけではありません。

 

それなのにここで紹介した理由は、水代が一番安くて済むからです。

 

というのもウォータースタンドは水道直結型のウォーターサーバーだからなんです。

 

 

自宅の水道から分岐して使えるので、水道料金はメチャクチャ安くて済みます

 

ボトルタイプのウォーターサーバーから乗り換える人が多いのも、この水道直結ウォーターサーバーです。

 

 

1週間の無料お試しもあるので、詳しくは下記の記事を読んでみてください。

 

 

▼ウォータースタンドの公式サイトはこちら▼


 

おすすめの記事