ワンワン泣いている赤ちゃんには、出来るだけ早くミルクをあげたいですよね。

 

 

「粉ミルクをお湯で溶いて、流水で冷まして・・」、なんて悠長にやっていると時間がかかるだけでは済みません。

 

赤ちゃんが完全に起きてしまうと、ミルクを飲んだ後もなかなか寝てくれなくなりますから。

 

 

 

昼間ならまだしも、夜中に目が覚めてしまったら・・・、勘弁してほしいですよね。

 

 

 

 

そんな時には湯冷ましが便利で使えるアイテムなんですよ。

 

 

 

湯冷ましなんてめんどくさい!

 

 

なんて思わずに、実際に湯冷ましでミルク作りを短縮できたママの声も紹介しているので最後まで読んでみてください。

 

 

 

粉ミルクには湯冷ましを使うと一気に時間短縮できる!

 

粉ミルクをお湯で溶かした後は、「湯冷まし・蛇口の流水・氷水」などで人肌にしているでしょう。

 

 

湯冷ましはミルクを作る時間短縮にはもってこいのアイテムです。

 

お湯で溶かしたミルクを混ぜるだけですぐに人肌にできるのは、湯冷ましだけ。

 

 

 

そこで、実際に湯冷ましを使い始めて良かったママさんの口コミを紹介しますね。

 

 

赤ちゃんの粉ミルクを作るときの悩みは?
ミルクを作るとき、お湯を入れて水の器に入れて冷ますまでの時間がかかったことです。
夜中に起きて寒い台所に立つのも辛かったんですが、赤ちゃんもお腹が空いて泣き続けるし、完全に起きてしまったら、そのあとミルクを飲ませてもすぐ寝てくれないことです。
ミルクを作るときに時間がかかると、どんなことに困りましたか?
夜中などは特に集合住宅なので泣き声で近隣の方に迷惑がかかるので調乳して冷ますまでの時間抱っこしながら待つのが大変でした。
そして、季節は冬で台所は夜は暖房を消していた為とても酷寒で赤ちゃんが風邪をひかないよう暖かくしながら待っていました。
悩みを解決するために、どんなことをしましたか?
解決するためにやったことは、沸騰させた水を冷蔵庫で冷やして湯冷ましを作っておけばいいと思い、お湯をすこしいれて粉ミルクを入れとかしたあと、哺乳瓶の半分までお湯をいれ、残りは湯冷ましをいれてすぐに適温のミルクを作れるようにしました。
悩みが解決できたことで、どんな変化がありましたか?
湯冷ましを作っておいただけで調乳することに苦痛を感じなくなったので、泣いてる赤ちゃんにすぐミルクを与えることができ、赤ちゃんが完全に起きる前に飲ませることによってすぐまた寝付いてくれたので自分の睡眠も確保できるようになりました。
ミルク育児で悩んでいるママへアドバイスはありますか?
湯冷ましを作っておくか、調乳用の沸騰させなくても使える水を用意しておけば、お湯入れて湯冷ましいれたらすぐにミルクをつくれるよと答えます。

 

 

ミルクを短時間で赤ちゃんに飲ませてあげられると、空腹を満たされて落ち着いてくれます。

 

上記の口コミのように、一番悩まされるのが夜中のミルク

 

 

 

ミルクを飲ませてあげた後すぐに寝てくれればいいですけど、完全に起きてしまうとしばらく寝てくれません。

 

笑顔になったわが子を見ているのは嬉しいものの、一緒に起きていないといけないのはつらい!

 

 

だからこそ湯冷ましでササッと温度を下げて、ミルクをあげることが大事なんですね。

 

 

 

それでは、次のママさんの声も参考にしてください。

 

赤ちゃんの粉ミルクを作るときの悩みは?
ミルクを熱く作りすぎると冷ますのに時間がかなりかかった。かと言って、初めからぬるく作ると容器の下の方に固まってしまっていたり、粉ミルクが溶けきらずダマになってしまったりでちょいど良い感じに作ることが難しい。
ミルクを作るときに時間がかかると、どんなことに困りましたか?
ミルクを作る、飲ますの時間がかなりとられてしまい他の予定が進まない、またキャンセルせざるを得ないなど多々あった。
夜の時間帯とかだと睡眠時間が減り、家事がおろそかになったり、肌荒れをおこしたり等あった。
悩みを解決するために、どんなことをしましたか?
1、お湯をあらかじめ90度くらいに測って沸かしてみた。
2、粉ミルクを1度に全部を容器にいれるのではなく、少しずつ溶かしながらいれた。
3、半分くらい入れたところで、湯冷ましを入れて調整した。
4、熱すぎにできてしまったら、氷水に容器を半分くらいつからせてふりながら冷ました。
悩みが解決できたことで、どんな変化がありましたか?
スムーズにミルクを作ってあげることで、子供をあまり待たせることがなくなった。
待たせることが短い時間になったことによって
泣きじゃくりなかなかミルクを飲めない、進まないなどといったことも少なくなり気持ち的にも楽になった。
ミルク育児で悩んでいるママへアドバイスはありますか?
湯冷ましを使うと、短時間でミルクがつくれます。

 

湯冷ましで上手く人肌に出来なかったら、最後に氷水や流水で冷ますというやり方もありですね。

 

すでに温度が下がっている状態なので、普段より短時間で赤ちゃんに飲ませてあげられますよ。

 

 

 

粉ミルク用の湯冷ましは冷ませばいいってものじゃない!

 

湯冷ましはミルクの温度を下げるものです。

 

なので、冷ましておけばいいと思いがちですが、そうではありません。

 

 

ミルクに混ぜて赤ちゃんに与えるものですから、清潔で安全な状態で与えたいですよね。

 

 

 

ですから、湯冷ましを作るときは、

 

  1. 水道水を20~30分沸騰させる
  2. 冷蔵庫で冷ます
  3. 湯冷ましは1日で使い切る(余ったら捨てる)

 

 

という点に注意して作るようにしてくださいね。

 

 

 

おすすめの記事